ライフログとしての日記〜Evernoteで14年日記〜

記録・振り返り習慣
この記事は約2分で読めます。

日記を書いていますか?

日記を書くと1日をきちんと総括してまとめた感や、
1日を大事にしている感覚があります。

生活のリズムが良くないパターンになると、日記
も書けなくなりがちです。

日記を書くツールとしては、紙のノートもいいと思いますが、
デジタルで書くのであればEvernoteかDayOneがおすすめです。

Evernote

Evernote
開発元:Evernote
無料
posted withアプリーチ

Evernoteのいいところは以下のポイント。

1. 何でも入る

テキストや写真だけでなく、動画や音声、ドキュメントも扱うことができるため、その日に関する様々な情報をノートにまとめることができます。

2. たくさん書ける

一部の日記アプリは添付できる写真の枚数が制限されるなど制約がありますが、 Evernoteのノートの最大容量はかなり大きく、実質的に写真の枚数の制限はないようなものです。

3. リンクが貼れる

他のEvernoteのノートへのリンクを挿入できます。 例えば、たすくまのログはEvernoteで毎日、保存することができますが、それを 日記ノートにリンクすることで、自分の詳細な行動記録を日記の一部としてリンクできます。

たくさん書けるという特徴により、Evernoteでは10年手帳でも20年手帳でも作成可能です。

Evernoteには、日付の名前をしたノートを作っています。
例えば、本日であれば「07/04」というノートを作成しており、 このノートには2019/07/04の日記, 2018/07/04の日記, 2017/07/04の日記….と 新しいもの順で日記が書かれています。

そのため、このノートを上から下にスクロールすると、同じ日の過去の日記を読むことができます。

1年前に何をしたのか、何を考えていたのか、というのを日記を書く際にさくっと見ることができます。

写真も添付しておくと記憶がよみがえります。

7/4の場合、2006年からあるため、14年日記。

昔の日記は本当にシンプルでテキストオンリーでやったことの備忘録という形ですが、最近の日記は写真や動画、ファイルも添付されているため、容量が増えています。

何年分まで1つのEvernoteのノートに収められるかチャレンジしていきたいと思います。

コメント

  1. […] ライフログとしての日記〜Evernoteで14年日記〜日記を書いていますか?日記… […]

タイトルとURLをコピーしました